日中の遅れが負担になりやすい

製造系の職種では、大半の会社が1日に生産する量を予め決めています。日勤、夜勤の交代制の会社で夜のシフトを選択した場合のデメリットの一つが業務の遅れによる負担増です。一つの現場で人員を入れ替えて業務を行う形を取っている以上、同じ時間帯に日勤と夜勤の人間を一緒に働かせることはできません。そのため、日中に何らかのトラブルが起きてスケジュールに遅れが出たとしても、日勤のスタッフは残業をすることなく終業時間が来れば退社します。作業の遅れなどのトラブルは全て夜勤のスタッフが尻拭いをすることになるのです。スケジュールを消化するために、他の時間帯で起きたトラブル野尻拭いで無用な残業を強いられるとことも多いのが夜勤のデメリットと言えます。

夜勤による別途手当の支給

工場のシフト勤務は自分で好きな希望する時間を選んで働けるケースと、日によって勤務が変わる2種類に分かれています。自分で勤務する時間帯が選べる工場系の求人に応募をする時に気を付けなくてはいけないのが手当の支給です。曜日ごとに時間が変わるシフト勤務では会社側の指示で勤務が決められるため、多くの所が夜勤手当を支給します。一方、自分で勤務時間を選べる会社は夜勤を選択しても手当てがプラスされないケースも少なくありません。ただし、時給契約のアルバイトでは22時以降は金額が高くなります。工場系で夜勤の求人に応募をする時は手当がいくら支給されるか、残業があった時にそれぞれ別に支払われるかなどを調べておかなくてはいけません。

愛知の工場の募集を探すときには、寮が付いているのか確認しておくと、住む場所を探す手間がなくなります。