自分好みの立地を選べない

工場に勤務することで入居できる寮は、もちろん場所が決まっており、多くの場合は工場の近くに建っているでしょう。そのため、自分が住む家の立地を自由に選択することはできません。たとえば、「スーパーから徒歩5分以内のアパートに住みたい」や「駅になるべく近いところがよい」といった希望があっても、叶うとは限らないため注意してください。

もちろん、希望に近い立地に建っている寮が存在する可能性もあります。よって、寮に住みたいと考えている場合は、求人に応募する前に場所を調べることをおすすめします。分からなければ、担当者などに直接問い合わせてみてもよいでしょう。住む場所はとても重要なので、寮への入居をふまえた求人選びは慎重に行ってください。

同僚や先輩と出会いやすい

一般的に、工場の寮にはそこで働く従業員だけが住んでいるでしょう。隣や上下の部屋に、同じ会社の人が住んでいる可能性はとても高いです。よって、同僚や先輩などと頻繁に顔を合わせることになります。特に、出勤時間や退勤時間が同じであれば、廊下やエントランスなどで出会うケースは多いでしょう。行動範囲がだいたい同じになるので、近くのスーパーやコンビニでばったり出会う確率も高いです。

頻繁に顔を合わせることで、仲良くなりやすいといったメリットもあります。しかし、「寮の敷地内で知っている人と出会うと考えると、気を抜けなくて困る」と感じる方もいるでしょう。「休みの日まで同僚や先輩と会いたくない」と思う方もいるかもしれません。

中京工業地帯は愛知県を中心に広がり、機械工業や重化学工業がメインの日本最大規模の工業地帯です。愛知の工場の転職は、主要産業の自動車・部品のほか、半導体・電子や機械・金属・鉄鋼といった業種があります。